忍者ブログ
創作小説サイトただいま工事中!
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HACO

1月8日生
O型

映画好き
うるさい音楽好き
不思議の国のアリス好き
33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は学祭のライブイベントに行って来ました。

何組かの学生バンドが、それぞれ練習して来た演奏を披露するという
フツーのイベントです。

私は先輩に「聴きに来てね」とお呼ばれしていたので
いそいそと会場に出向きました。

バンドそれぞれに巧拙や特徴があるのですが、
共通していることは「コピーバンド」ってとこです。

私がライブ会場を出てから思ったのは、感想より何より
どうしてオリジナル曲を演奏しないんだろう
でした。

たぶん世の中には二種類の人間がいて、
クリエイトするか
クリエイトには興味がないか
なんだと思います。

私はクリエイトすることが人生において至上の命題だと思っている節がありますし、
(だからこそ小説を書くなんて奇特なことを趣味にしているわけですし)
だから余計に「コピーバンドって果たして楽しいのか?」と思ってしまうんだと思います。

同じ他人の曲を演奏するでも、思いっきり奇抜なアレンジを加えるとか。
そういうオリジナリティを求めないでいられるのが不思議だなーなんて思いました。

それってただの自己満足に終始してしまわないでしょうか?
いえ、勿論、その場を楽しむことが目的で、クリエイトなんてする気はないんだろうし、
そういう意味で間違っているのは私の方なんだろうというのは理解できるのですが…。

なんて曲がった価値観を押し付けるわけにもいかないので、
オーディエンスとして楽しんで来ましたけど♪

なんて毒のあることを書きましたが、
今日先輩に話を聞いたら、

「経験なかったけど三ヶ月死ぬ気で練習して、本番でベース弾いた!」

と言ってました。

創造だろうが表現だろうが、何かを懸命に努力することは、ものすごく尊いことだと思います。
なので、ちょっと尊敬しました。

クリエイトだなんだ言って、果たして自分は満足に行動に移せているかと言うと、
水面下では動いていても対外的には何もやっていないので…。

頑張る人を見習って、自分もアクションしようと思います!
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
忍者ブログ [PR]